求 自由民主党学生部の立党当時の活動資料と思い出話


平成26年4月24日

内 野 経 一 郎

自由民主党結党が昭和30年11月15日。私が入学した年,我中央大学講堂での結党大会でした。

柔道部の一年先輩に勧められて自由民主党学生部に設立準備会から参加していました。時期は確か一年生の時のような気がしますが2年生だったかもしれません。

今柔道部OB会名簿の先輩方にお尋ねしてみるのですが,誰方がお誘い下さったのか分かりません。

青春の一コマとして記録に留めたく当時のことを誰か教えて下さい。自民党本部に聞いてみましたが火災にあって当時の資料がないそうです。

当時,党本部がどこにあったか記憶しません。しかし,学生部の会議に参加して,喧々諤々の先輩方の議論を興味深く伺っていました。

「異議」「議事進行」と怒声が飛び交い,議長がおたついて居ると「議事進行が先議だろう!」などの声が上がりこの時「会議法」のあることを知りました。

その後気になりながら「会議法」の勉強お留守にしています。

何かの演説会が浅草公会堂であってその会場の受付というか会場整理に参加したり,何の義捐金であったか小箱を持って義捐金の街頭募金に参加したことを記憶します。

自民党学生部の設立総会には参加しなかったのですが,私を誘ってくれた先輩が設立宣言の朗読をトチッて,「学力はいまいちの感じです。」とNHKの夕方の報道でからかわれていたのを鮮明に記憶しています。

唯,当時「砂川闘争」にもその他大勢で参加していました。金網越にみる舞い降りる爆撃機の迫力に圧倒された記憶もあります。