小倉俊高君の訃報に接して


小倉俊高君、君の訃報に接しました。

宮崎大宮高校を昭和30年に卒業 殆ど会っていないのですが、僕にとっては今でも休み時間に少し斜に

構えて、冴えた頭で現状分析してみせるオマセな少年、高校時代の小倉君であります。

そのうち僕もそちらへゆく。又、君からそちらの様子や、エンマ大王への皮肉の利いた批判をきくのを楽

しみにしています。



平成18612日 

弁護士 内野経一郎

(弔電を推敲しての文章です)

                                           

                                                              平成18年8月2日公開